• トップ
  • 当院の理念
  • 院長紹介
  • 医院案内
  • 交通案内

診療内容

  • 一般歯科治療
  • 小児歯科治療
  • 審美歯科
  • スポーツマウスガード
  • スリープスプリント

入れ歯について

  • 保険治療での入れ歯
  • 見た目がきれいな入れ歯
  • 自分に合った入れ歯
  • 森崎歯科医院歯科コラム
  • スマートフォン専用サイト

診療内容

一般歯科治療

むし歯治療歯周病定期検診クリーニング

歯科医院に通院した際に受ける治療の大半を「一般歯科」と考えていただいて良いと思います。

主なものとしては、むし歯による歯科治療全般歯周病予防歯科(定期検診やクリーニング)等です。

むし歯が悪化すると、痛みも強くなってきて、その分治療期間も長くなってしまいます。

日々の歯磨きなどで入念に口内のケアを行うのはもちろんのこと、 治療後の予防がなにより大切です。

歯の定期検診は患者様の口腔内の状態により異なりますが、定期的な検診とご自宅でのメンテナンスが大切です。

 

むし歯・歯周病・定期検診

むし歯治療

むし歯ができた、詰め物が取れた、歯ぐきの調子が悪い気など、万が一お口の中でトラブルが起きてしまった場合には、放置せずできるだけ早く歯科医院で診療しましょう。

また、定期的に歯科検診を受けることも非常に大切なことです。

 

 

 

歯のクリーニング

クリーニング

クリーニング

PMTC に用いる柔らかい材質のゴム
左が歯周ポケット用、右が歯表面用

歯石は一度できてしまうと患者さん自身の歯ミガキでは除去することができません。
歯石をきちんと除去するためには、超音波によって歯石を弾いて落とす治療が必要になります。

PMTC(professional mechanical tooth cleaning:プロによる歯のクリーニング)では、歯石や歯の汚れを落とした後、専用の器具を用いて、歯や歯の根元の部分を徹底的にきれいにします。
むし歯や歯周病の予防にも繋がります。

 

 

 

 

 

睡眠時無呼吸症候群の治療

睡眠時無呼吸症候群の治療

マウスピースを用いての、睡眠時無呼吸症候群の治療を行っております。

内科や耳鼻咽喉科等で睡眠時無呼吸症候群と診断され場合、「診断情報提供書」と「マウスピース(スリープスプリント)作製依頼」があったときに限り、保険が適応になります。

それらが無い場合は自費となります。

PAGETOP

小児歯科治療

むし歯治療フッ素塗布定期検診

むし歯治療

小児歯科治療とは、子供の歯科治療をさし、むし歯の治療や予防(検診)などを行います。

乳歯が健全か、正しく治療されているかは、後の永久歯の歯列だけでなく、大事な成長期の身体の発育にまで大きく関係しています。

お子様の歯の健康を維持するためには、ご家族の皆様のご理解とご協力が必要になります。

お子様の歯の事でご不明な点があればお気軽にご相談、お問い合わせください。

PAGETOP

審美歯科治療

詰めもの被せもの目立たない入れ歯

審美歯科とは「美しさと健康」の両方を目的としています。

日本では保険制度がありますが、保険は最低限の歯科治療となり、審美性の高い歯科治療は自由診療となります。

審美歯科は見た目だけなく、耐久性や素材など患者様のご要望に合わせて、最善の治療のための選択肢を増やす事が可能になります。

 

詰めもの、かぶせもの

セラミック(陶器)

左が銀歯(保険)、
右がセラミック(非保険)

むし歯を治した後、その部分を補うために詰め物をする必要があります。
また、詰め物が取れてしまった場合にも、再度新たに詰め物をする必要が出てきます。

ここで、詰め物の種類に関し、いくつかの選択肢がでてきます。
保険適用内の治療では、銀歯やレジン(歯科用プラスチック)でできた詰め物の選択肢しかありませんが、非保険の治療では、セラミックを用いることができます。
セラミックは、材質に金属を用いず陶器でできています。

 

メタルボンド

(写真提供 杏友会)

左が銀歯(保険)、
右がメタルボンド(非保険)

メタルボンドは歯の被せものの一種です。

中部分には金属が、表面には白いセラミック(陶器)が用いられています。

保険は効きませんが、吸水性がないので変色が少なく、審美性が高いのが特徴です。

 

 

 

 

 

 

 

目立たない入れ歯

金属の金具を用いない、審美性の高い入れ歯があります。

詳しくは ”見た目がきれいな入れ歯” をごらんください。

 

 

PAGETOP

スポーツマウスガード

スポーツマウスガードって何?

みなさんはマウスガードという言葉を聞いたことがありますか?マウスピースと呼ばれることもあります。ボクシングの選手が口にはめているのを見たことがある人も多いのではないでしょうか。

スポーツマウスガードには運動中の歯や口の中の怪我を予防したり、しっかりと噛むことで脳しんとうの予防をしたり、運動能力が向上する、などの役割があります。マウスガードをつけると選手自身だけではなく、相手選手を防護することにもなります。

簡単に自分で作れるような安価なものはスポーツ用品店で売っていますが、外れやすかったり厚みがありすぎて違和感が強かったり、正しい噛み合わせで作れないなどの問題もあります。一方、歯科医院で歯型を採って作るマウスガードは、正しい噛み合わせでお口にぴったりと合わせて作ることができるので、外れにくく装着感がよいという利点があります。

現在、日本でマウスガードの装着が義務化されている競技は、アメリカンフットボール、ボクシング、高校ラグビー、女子ラクロスなどがありますが、競技の種類によって、色が決められていたり、形や厚みも様々です。また、義務化されていなくても、安全のために推奨している競技もありますので、ご自身やお子さんがスポーツをしていてお口の怪我が心配という方は、お気軽に当院へご相談ください。

PAGETOP

スリープスプリント(睡眠歯科治療)

いびきは体の悲鳴です

いびきの害

まわりへの迷惑

眠りが浅くなるため疲れがとれない

集中力の低下

日中の眠気

酸素が不足し脳や心臓の疾患になりやすくなる

 

いびき、歯ぎしり、日中の眠気でお困りの方へ

当院では、いびき・歯ぎしりで困っている方へ、症状を軽減するためにマウスピースの治療を行っております。

お口の中にマウスピースをつけて眠ることで、症状が軽くなります。
保険診療で行うこともできます。

いびき・歯ぎしり、日中の眠気などでお困りでしたら、当院までお問い合わせください。

 

マウスピースについて

内科などで睡眠時無呼吸の診断と依頼書があれば、いびきのマウスピースは保険がききます。

歯ぎしり用のマウスピースは保険がききます。

内科などでの検査の時間がとれない方はマウスピースを自費で作ることができます。

保険診療で3割負担の場合、約1万円です。 自費診療の場合、32,400円(税込)となります。このほかに、歯周病検査などが必要となります(保険適用)。

PAGETOP